会長からのご挨拶

~あいおい会と合同で臨時全国会議開催~

新OB会名称は「あいおい同友会」、各地区でも統合協議スタート!!

 寒かった冬に別れを告げ、いよいよ春の訪れです。日頃より同友会の運営にご支援とご協力を賜り厚くお礼申し上げます。

2月20日、同友会・あいおい会合同で臨時の全国地区会長(支部長)会議を開催しました。これまでのあいおい会との統合協議の経過ですが、昨年1月に会社からあいおい会との統合提案があり、2月の臨時全国会長会議で両会・会社の三者統合協議への参加が承認され、3月のキックオフミーティングを経て、4月から三者で毎月「統合連絡会」を開催、2月時点で11回を数えました。また、連絡会の下に「HP」「会報」「関東支部運営」の3つのPTを立ち上げ、精力的に協議を継続しています。

今回の会議の目的は三つ、(1)統合連絡会における決定事項(新OB会名称・組織・議決方法等)の説明(2)2019年度の地区会総会の持ち方(2020年3月末に同友会を解散、4月1日付で新OB会「あいおい同友会」を設立、会員および資産は新OB会に移行することの決議)について合意を得ること(3)両会の地区会長・支部長が初顔合わせをし、地区における統合協議をスタートさせることにありました。

上記について、両会とも全員一致で賛同を得、2020年4月統合に向けた今後のスケジュールについても概略ご理解をいただき、来月には各地区での統合協議をスタートさせることが約されました。

新組織「あいおい同友会」発足まで1年あまりとタイトではありますが、会員の方々の不安や疑問にお応えしながら、会員にとって「真に魅力ある」「参加したくなる」新たな組織の構築を目指して引き続きご支援・ご協力をお願いします。統合協議の視点は「会員目線」にあるということを改めて肝に銘じております。

2019年2月

同友会会長 奥山 寛二