同好会活動最新情報


今月の一句(8月どうしん句会)

今月の兼題は「墓参」でした。 墓参は墓参り、墓洗うなどの子季語の通り、お盆の時期に先祖の墓参りをするところから夏の季語になっています。 以下特選句・入選句と会員の句を掲載します。 今月の特選句 墓洗う少し冷たくなった水  … 続きを読む

カテゴリー: 同好会活動最新情報

8月句会の一句(うめしん句会)

8月7日第81回定例句会 今月の兼題は勝浦かよ子出題の「立秋」です。 まだまだ秋の実感はありませんが、句会当日はその立秋に当たり、桑田講師より「立秋」の捉え方と、同じ時期の季語である「終戦記念日」についてもその成り立ちや … 続きを読む

カテゴリー: 同好会活動最新情報

7月句会の一句(うめしん句会)

7月10日第80回定例句会 6月18日は大阪府北部を震源地とする震度6弱の地震に見舞われました。幸いにも句会メンバーは大した被害もなく、一様に安堵しての句会となりました。多方面からの安否のお問合せをいただきましてありがと … 続きを読む

カテゴリー: 同好会活動最新情報

今月の一句(7月どうしん句会)

  今月の兼題は「雲の峰」でした。「雲の峰」は夏の空に立ちあがる壮大な積乱雲を指しますが、峰雲・入道雲とも言い、面白いのは坂東太郎も川ではなく夏雲を云ったものです。 また写真は6月の特選第一席句蓮尾碩才さんの「 … 続きを読む

カテゴリー: 同好会活動最新情報

6月の一句(うめしん句会)

6月12日第79回定例句会 今月の兼題は横田侃さん出題の「夏帽子」です。 6月は俳句の季題では「夏(仲夏)」となります。 「夏帽子」は夏の日差しを避けるためのものですが、その響きに誰もが郷愁を感じる季語でもあります。 桑 … 続きを読む

カテゴリー: 同好会活動最新情報

今月の一句(6月どうしん句会)

今月の兼題は「梅雨」でした。今年も北海道を除く日本全国で梅雨入りとなりました。雨は作物を育て、木々を豊かにするために大切の天の恵みですが、梅雨はどうしても嫌われ早い梅雨明けをみんな期待することになります。「梅雨」は古くか … 続きを読む

カテゴリー: 同好会活動最新情報

関西同友会ハイキングクラブ
~皆と一緒に「赤目四十八滝」に~

関西同友会の同好会「ハイキングクラブ」春の活動(第13回5/28)は、奈良と三重の県境を流れる日本の滝100選に選ばれている滝川「赤目四十八滝」に行ってきました。 当日は13名が参加し楽しい一日を過ごすことができました。 … 続きを読む

カテゴリー: 同好会活動最新情報

「水彩画の会」立上げ 仲間集まる 印象に残った鎌倉高徳院スケッチ会

新たな挑戦!! 関東甲信越同友会水彩画の会は、退職して趣味の少ない2人が何か新しい趣味に挑戦しようと考えていたところ、長年勉強され水彩画を楽しんでおられる高井博幸さんに相談したところ、快く指導いただけることになり2016 … 続きを読む

カテゴリー: 同好会活動最新情報

今月の一句 (5月どうしん句会)

今月の兼題は「更衣」でした。更衣と書いて「ころもがえ」と読み、衣更えは季節の変わり目に衣服を変えることですが、俳句では冬から春にかけての服装の変化を表す季語になっています。後藤先生からは同じ季題を使って10句くらい作ると … 続きを読む

カテゴリー: 同好会活動最新情報, 未分類

第49回牡丹園~猪苗代湖散策会

GWも終わった5月14日(月)東北新幹線郡山駅に17名の元気な男女が降り立ち散策会がスタートしました。 早めの昼食後チャーターしたマイクロバスで須賀川の牡丹園に向かいました。ここは明和年間(1766年)に薬種園として始ま … 続きを読む

カテゴリー: 同好会活動最新情報, 未分類