同好会活動最新情報


3月句会の一句(うめしん句会)

3月句会の一句(うめしん句会)  3月12日 第88回定例句会 今月の兼題は藤井桂子さん出題の「風光る」です。 「風光る」はどこかに希望や新しさを感じさせる響きがあります。 兼題について桑田先生より『風に揺らぐ木々の葉も … 続きを読む

カテゴリー: 同好会活動最新情報

今月の一句(3月どうしん句会)

3月どうしん句会 今月の兼題は「春雨」でした。 冬の乾いた空気から少し湿度を増し、降るのも雪から雨になるこの時期、「春雨」は早春の代表的な季語です。多くの例句もあり独自性のある俳句を作るのは難しい季語ですが、会員の皆さん … 続きを読む

カテゴリー: 同好会活動最新情報

2月句会の一句(うめしん句会)

2月12日 第87回定例句会 寒暖の差が激しい毎日ですが、今月の兼題は横田侃さん出題の「下萌」です。 下萌(したもえ)は早春に大地から草の芽が萌え出ることで、春への想いを詠み込んだ句会となりました。 今月より句の掲載を桑 … 続きを読む

カテゴリー: 同好会活動最新情報

今月の一句(2月どうしん句会)

今月の兼題は「春の雪」でした。 句会当日はまさに春の雪、足元が心配されましたが、大部分の会員が集まり熱心な句会となりました。「春の雪」や「春浅し」「浅き春」はいづれも早春の肌寒い感じを表した季語で立春を過ぎても寒いこの時 … 続きを読む

カテゴリー: 同好会活動最新情報

武庫川渓谷「旧福知山線の廃線跡」を歩く
関西同友会ハイキングクラブ

 関西同友会ハイキングクラブの活動状況を報告します。春秋2回開催し、昨年5月は赤目四十八滝、今回(通算14回目)報告の秋季は11月30日(金)大変人気の高い武庫川渓谷「JR福知山線の廃線跡」で実施しました。渓谷美と清流の … 続きを読む

カテゴリー: 同好会活動最新情報

第52回散策会 寛永寺と寒牡丹

1月26日(土)大寒の最中でしたが15名が最寄りのJR鶯谷駅に集合し、まずは東叡山寛永寺を目指します。 寛永寺は寛永2年(1625年)に天海大僧正により建立された、徳川将軍家の菩提寺ですが、幕末の上野戦争で上野山の広大な … 続きを読む

カテゴリー: 同好会活動最新情報

1月句会の一句(うめしん句会)

新年1月8日 第86回定例句会 穏やかな日差しの中、桑田先生はじめ14人が顔を合わせる和やかな初句会となりました。 兼題は勝浦出題の「初暦」です。 新たな年の始まりに一頁を開く時のすがすがしさは、新年ならではの粛々とした … 続きを読む

カテゴリー: 同好会活動最新情報

今月の一句(1月どうしん句会)

今月の兼題は「初春」でした。 「初春」の定義はいろいろあるようですが、一般的に立春から啓蟄の前日までの期間を言うようです。いずれにしてもまだ寒いながら、正月に春を感じることを表現した季語でしょう。 写真は12月特選第一席 … 続きを読む

カテゴリー: 同好会活動最新情報

12月句会の一句(うめしん句会)

12月11日第85回定例句会 今月の兼題は大屋真理子さん出題の「粕汁」です。これからの季節、粕汁と聞くだけで思わず帰り道を急ぐような郷愁と温かみを感じる季語です。 桑田講師より前回「季語・粕汁」についてご指導いただき、そ … 続きを読む

カテゴリー: 同好会活動最新情報

今月の一句(12月どうしん句会)

今月の兼題は「息白し」でした。 暖冬との予報ですが、強烈な寒波の襲来で、まさに白い息を吐きながら皆さん今年最後の句会に集まりました。終了後は恒例の忘年会、後藤先生も参加し賑やかに今年も終わりました。写真は11月の特選第一 … 続きを読む

カテゴリー: 同好会活動最新情報